特待生制度

第一種特待生制度

「第一種特待生制度」は、新入生を対象とした制度です。

第一種特待生の種類と特典
種 類 特 典
特待生A 初年度の授業料全額(550,000円)を免除
特待生B 初年度の授業料半額(275,000円)を免除
特待生C 入学金の全額(100,000円)を免除

【注】但し、在学中の学習・生活態度が特待生としてふさわしくないとみなした場合は、年度中でも資格適用を中止します。

第二種特待生制度

「第二種特待生制度」は、2年次以降の在校生を対象として、前年度末までの学業成績、出席状況及び人物をもとに選考し、採用年度の学費より所定の金額を免除する制度です。詳細については、学生便覧をご覧ください。

第二種特待生の種類と特典
種 類 特 典
特待生A 年間の授業料全額を免除
特待生B 年間の授業料半額を免除
特待生C 年間の授業料のうち100,000円を免除

【注】但し、在学中の学習・生活態度が特待生としてふさわしくないとみなした場合は、年度中でも資格適用を中止します。

奨学金制度

本校には、学費の負担を軽減するための奨学金制度があります。詳しくは入学後に、申し込み方法や支給方法についての説明会を実施します。

公益財団法人 鶴虎太郎奨学会奨学金

学園内独自の奨学金制度で、返還は不要です。

志願者の中から奨学生推薦基準に基づき、学校長が適格者を鶴虎太郎奨学会に推薦し、その採否は鶴虎太郎奨学会が決定します。

公益財団法人 鶴虎太郎奨学会奨学金
選考方法 ●書類選考
人物・学力・家計を検討し、適格度の高い順に採用する。
給付期間 採用年度限り(単年度採用)
給付金額 年額12万円
前期分・後期分の2回に分けて6万円ずつ交付する。
交付時期 前期:10月、後期:1月
奨学金採用通知式ならびに交付式を開催します。必ず、奨学金採用通知式ならびに交付式に出席すること。

【注】但し、在学中の学習・生活態度が奨学生としてふさわしくないとみなした場合は、年度中でも資格適用を中止します。

広島工業大学専門学校同窓会奨学金

本校独自の奨学金制度で、返還は不要です。

鶴虎太郎奨学金の志願者の中から、広島工業大学専門学校奨学金選考委員会を経て、同窓会長が採否を決定します。

鶴虎太郎奨学金との重複採用はありません。

広島工業大学専門学校同窓会奨学金
選考方法 ●書類選考
人物・学力・家計を検討し、適格度の高い順に採用する。
給付期間 採用年度限り(単年度採用)
給付金額 年額6万円
前期分・後期分の2回に分けて3万円ずつ交付する。
交付時期 前期:10月、後期:1月
奨学金採用通知式ならびに交付式を開催します。必ず、奨学金採用通知式ならびに交付式に出席すること。

【注】但し、在学中の学習・生活態度が奨学生としてふさわしくないとみなした場合は、年度中でも資格適用を中止します。

独立行政法人 日本学生支援機構奨学金

人物・学業ともに優れ、経済的な理由により就学困難な学生に対して当機構の審査により選考され、奨学金が貸与されます。卒業後、返還が必要です。

※ 日本学生支援機構奨学金については、高等学校在学中に予約採用の申込受付もあります。詳しくは高等学校にお問い合わせください。

独立行政法人 日本学生支援機構のページはこちら

日本学生支援機構奨学金(第一種奨学金)
選考方法 日本学生支援機構の審査基準にてらして書類審査
貸与金額 月額30,000円または53,000円(自宅外通学者は月額60,000円)
貸与期間 採用時から在籍する学科の修学年限が終わるまで
利息 無利息
日本学生支援機構奨学金(第ニ種奨学金)
選考方法 日本学生支援機構の審査基準にてらして書類審査
貸与金額 3万円、5万円、8万円、10万円、12万円より希望する月額を選択
貸与期間 採用時から在籍する学科の修学年限が終わるまで
利息 年利3%を上限とする利息付(在学中は無利息)
TOP
HITP