自然災害時の対応について | 広島工業大学専門学校

自然災害時の対応について

台風・大雨など自然災害時の授業の対応について

台風・豪雨・豪雪等によって自然災害が発生または発生のおそれのある場合、学生の登下校ならびに授業については次の通りとします。

自然災害時の対応―休校について―

  1. 学校のホームページ(緊急連絡 午前6時、午前10時に掲載)でチェック
    1. 休校の連絡がある場合は、臨時休校とする。
    2. 休校の連絡の表示がない場合は、NHKテレビ(またはNHKラジオ)でチェックして、下の2~5の内容にしたがって行動する。
  2. NHKテレビ(またはラジオ)でチェック
    1. 午前時の時点で、広島市に特別警報が発表されている場合は臨時休校とする
    2. 午前時の時点で、広島市に次のいずれかが発表されている場合は自宅待機とする
      • 大雨警報と洪水警報(同時)
      • 暴風警報
      • 暴風雪警報
      • 大雪警報
      1. 午前10時の時点で、(2)のいずれかの警報が継続している場合は臨時休校とする。
      2. (2)のすべての警報が午前10時の時点で、解除された場合は3コマ目(午後)から授業を実施する。
  3. 広島県防災Webでチェック
    1. 午前時の時点で、広島市西区に避難情報「警戒レベル4」または「警戒レベル5」が発表されている場合は自宅待機とする。
      1. 午前10時の時点でこの避難情報「警戒レベル4」または「警戒レベル5」が継続している場合は臨時休校とする。
      2. 午前10時の時点でこの避難情報が「警戒レベル3」以下に下げられた場合は3コマ目(午後)から授業を実施する。
  4. 地震発生時の対応

    広島市において、「震度5強」以上の地震が発生した場合は臨時休校とし、学校再開については、本校のホームページ(またはチューターからの連絡)で行う。

  5. 留意事項
    1. 広島市に警報や避難情報が発表されていない場合でも、自分が居住している市町村で警報が発表されている場合は、上記の2、3、4に準じて対応し学校に連絡する。
    2. 警報や避難情報「警戒レベル4」または「警戒レベル5」が発表されていない場合でも、危険が予想される(登下校で利用する交通遮断も含む)場合には、自宅待機とし、その状況を学校に連絡する。
    3. 登校途中に警報や避難情報「警戒レベル4」または「警戒レベル5」が発表された場合は、自宅・学校・最寄りの駅など安全な場所で待機し、学校および保護者に連絡する。
    4. 上記に示しているもの以外に、緊急な状況が発生した場合の臨時休校等の連絡は、本校のホームページ(またはチューターからの連絡)で行う。

午前9時以降に警報・避難情報が発表された時の対応

  1. 午前9時を越えて災害発生または警報が発表された場合は、学校が休校措置等について判断し、校内放送もしくはチューターから連絡をします。
  2. 学生は、ホームルームの教室で待機しておいてください。
補講の措置について

上記の理由により休講となった授業は、補講を行います。

補講の実施日等については、学科ごとにあらためて連絡をします。

その他

その他、緊急な場合や、判断に迷う場合は学校に問い合わせてください。

上記のことについては、学校のホームページで、学校の対応や情報を確認することができます。

この対応は、令和2年7月22日から実施します。

【参考】
Top